2013年11月アーカイブ

部屋などを借りて仕事をしている方も多いです。
いわゆる事務所的な使い方で賃貸物件を借りて利用している方もいるわけです。
そのような時に少し税金について考えなければいけないことがあります。
それは、家賃を経費に含めることできるのかということになります。
少し複雑な考え方が必要になりますが、家賃の額はかなり大きいです。
税金にも大きく関わってきますので、しっかりと考えて対策を練るべきでしょう。

まず、その賃貸物件をどのくらいの割合で利用しているのかという事です。
基本的に、仕事目的のみで利用している場合んは、その家賃額を全額経費に入れることができます。
家賃が100,000円でしたら、毎月100,000円の経費を計上できます。
年間で1,200,000円の経費を計上することができるわけです。

一方で、難しい考え方が必要になってくるのが、家で仕事をしてる場合です。
家が賃貸で仕事をしている場合は、仕事時間や部屋のサイズなどを組み合わせて経費として計上することを考えてください。

仮に、家の3つある部屋の1つを利用していて、1日当たり8時間の仕事をしていたとします。
その場合で家賃が150,000円なら、まず部屋の割合で家賃を3分の1にします。
50,000円になるでしょう。
さらにそこから1日上がり8時間ですので、3分1にします。
約16,666円になります。
毎月約16,666円の経費を計上することになるわけです。

以上のようなことと同じ考え方で光熱費も計上可能です。
仕事のためだけに使っている物件なら全額入れることができますし、生活している場合はその割合によって算出するわけです。


税務申告書とは?
決算書を基に作成し、税金を計算するための書類です。会社の場合、決算時に作成する税務申告書は次の3種類です。

このアーカイブについて

このページには、2013年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04